トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

夏バテの症状、原因、予防、対策を調べてみました。

今年の夏は猛暑日が続いています。
夏の終盤の夏バテが心配です。
夏バテの症状、原因、予防、対策を調べてみました。


■夏バテの症状
◇だるさと疲労感
疲れがとれにくく毎日、体がだるい症状が続くのが夏バテの典型的な症状です。
暑さによる睡眠不足からの疲労感もありだるさや疲れが増すという悪循環に陥りやすいです。

◇食欲不振
自律神経が失調することで消化器の機能が低下し、食欲不振に陥ります。
身体が必要とするエネルギーやビタミンを補うことができず、無気力になったり身体の疲労感やだるさが増します。

◇便秘、下痢、頭痛、吐き気
便秘と下痢は両極端ですが、どちらも胃腸の機能の低下からきます。
頭痛がでると、だるさに加え、さらにやる気がなくなります。
吐き気が起きることで、ますます食事が取りづらくなったりします。

◇夏風邪
夏バテが続くと体力、免疫力とも低下するため、夏風邪にかかりやすくなります。
夏風邪は冬の風邪と違ってせきやたんはあまり出ないのですが、下痢や喉の痛みを引き起こしやすく微熱が数日続きます。

◇疾患があらわれる
夏バテで体力が低下しているため、今まで隠れていた身体の疾患が進行し悪化する危険性があります。

■夏バテの原因
◇自律神経の不調
あまりに冷房が効きすぎる、あるいは外気温が高すぎる場合など、屋内と屋外の急激な温度差からストレスにより自律神経がうまく機能しなくなります。
自律神経の不調により胃腸機能の低下、食欲不振を招き全身の倦怠感を引き起こします。

◇発汗の異常
高温多湿の状態が続くと汗をだそうとしても汗が発汗しにくくなります。
そうすると体温調節がうまく機能しないので夏バテを引き起こします。
屋外に長時間いることで汗の量が過剰に増え体内の水分が不足することで夏バテを起こします。

◇睡眠不足
家の性能向上で室内の機密性は高まったのですが、日中に一度、温められた室内は夜になっても温度が下がりにくい状態になっています。
熱帯夜が続くことで寝苦しい夜が続いたり、睡眠が浅くなりやすいことから疲れを回復することができず疲れが蓄積されることで夏バテを引き起こします。

■夏バテの予防法
◇栄養価が高い食品を食べる
暑い夏はどうしても食欲が減退気味になりますが、気持ちを切り替え量よりも質に重点をおいて栄養価が高い食品を摂取するようにします。
発汗により汗だけでなくミネラルも失われているのでビタミンも不足する傾向があります。

・栄養価が高い食品
玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋、枝豆など

◇エアコンの温度を調節する
室内と屋外の温度差が5度以上になると人の自律神経が乱れやすくなります。
室内のエアコンの温度をこまめに調節するようにしましょう。

ビル一体型空調で温度が調節できない場合は、エアコンの風が直接体に当たらないようにしたり、上着、長いパンツなどを履くなど衣服で体温の調節をします。

■夏バテ対策
◇食事を工夫する
食欲がないときには、辛いものや酸味のあるものなどを食べるなどして食欲増進、疲労回復効果をはかります。

◇ツボを刺激する
足の裏の湧泉(ゆうせん)というツボを押すことで自律神経の働きが高まります。
お風呂にはいった時に実践すると効果的です。
湧泉(ゆうせん)は足の裏の人差し指と中指の骨の間の少し凹んだところにあります。

夏の暑いときにはシャワーで済ます人も多いですが、シャワーを続けていると血流が悪くなったり、老廃物が溜まる原因にもなります。
ぬる目のお湯に浸かることで自律神経は整えやすくなります。

◇サプリ、市販の薬を服用する
どうしても食事だけで栄養を補給できないときには、疲れやだるさに効果があるビタミンB1、B6、B12が配合されたビタミン剤やドリンクなど、市販のサプリや薬を服用します。

◇病院で診察する
夏バテが長く続き、回復しないようなときには、夏バテだけでなく重い疾患がある場合があります。
体調がいつまでも回復しないときには病院の診断をうけましょう。

 - 健康 , , , , , , , , , , ,

  関連記事

キレやすい人が増えたのはコンビニエンスのサンドイッチが原因?!

近年、外国人のように突然大声を上げたり暴れたりする人が増えたと感じるのは私だけで …

グルテンは身体によくない?!

『「いつものパン」があなたを殺す』というような恐ろしいタイトルの書籍が販売されて …

薬の知識Ⅰ:薬の使い方

1はじめに 薬は病期の症状をやわらげたり、怪我を治したりしますが、ときには副作用 …

人食いバクテリアの原因と対策!!

人食いバクテリアに感染して死ぬ人が増えています。 今年は8月の時点で昨年の記録だ …

薬の知識Ⅲ:ジェネリック医薬品

14ジェネリック医薬品 「ジェネリック医薬品」って最近よく耳にしますが、「なぜ安 …

やばい!マーガリンは健康に悪すぎ!

欧米ではトランス脂肪酸の根絶が進められているのに日本ではトランス脂肪酸が多く含ま …

コレステロールは悪者ではなく必須です!!

コレステロールは、これまで体に良くないと悪者扱いをされてきましたが、実はそうでは …

薬の知識Ⅱ:薬の保管方法

8薬の保管方法 薬は湿度や光、温度などによって変質したり、効果が弱くなることがあ …

腸内フローラ:たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

腸内フローラを「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」「NHKス …

今年はノロウイルス 新型が大流行の兆候!!

ノロウイルスが大きく流行したのは9年前の平成18年ですが、その時のウイルスはGⅡ …