トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

グルテンは身体によくない?!

『「いつものパン」があなたを殺す』というような恐ろしいタイトルの書籍が販売されていたりして、近年、パンに含まれるグルテンは身体に良くないという議論が高まっています。


■グルテンの悪い情報
◇腸管に穴をあける。
この症状はグルテンアレルギーの人にかぎるのですが、グルテンが小腸の粘膜を覆っている細胞を崩し、腸管に穴をあけます。
するとその穴から毒素が漏れ出し、それが脳に達すると「キヌレニン」という神経毒素性物質を生み出します。

錦織圭選手の活躍でテニスの世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手も有名になりましたが、ジョコビッチ選手はグルテンフリーの食事に切り替えたことで神経毒素物質が生み出されることがなくなったことからテニスの戦績が大幅に上回ったと伝えられています。

小学生の頃から炭水化物ばかり食べさせられ、グルテンアレルギー検査も受けていない日本人はほぼ、腸管に穴があいているという学者もいます。

◇脳に炎症を与える
小腸が損傷する病気を「セリアック病」といいますが、「セリアック病」でなくとも安心はできません。
グルテンを適正に処理できない過敏症の人は、「脳」にグルテンの影響を受けている可能性が非常に高いのです。

グルテン以外の「糖質」「炎症を促進する食べ物」「環境有害物質」などと組み合わさることで脳への影響が加速するといわれています。

◇グルテンはアヘンに似た作用をもつ
身体に絶対に良くないと言われているアヘンですが、それと同じような依存性を引き起こす効果がグルテンにはあります。

グルテンが胃で分解されると「エクソルフィン」という物質に変わり、その物質が脳に入り込むと「おいしい」「最高」という恍惚感、依存性を引き起こします。
パンやスイーツを食べると「ふわっ」とした快感にとらわれたり、食べだすと止まらなくなるのはこのためです。

小麦を断っただけで、うつ病や統合失調症、注意欠如・多動性障害(ADHD)、自閉症、記憶・認知障害など病が治ったという事例も多く発表されています。

そういえば、1980年代頃から指摘されるようになった、子供たちが集中力を保てない、疲れやすい、キレやすい、アレルギーの増加なども小麦が一つの原因になっている可能性も考えられます。

スポンサーリンク



◇血糖値を急上昇させる
グルテンを摂取すると血糖値が急上昇し「糖化」(老化に置き換えることができます)を促進させます。

血糖値をさげようとインスリンが過剰に分泌され脂肪をため込むので、太りやすくなったり、シミやシワなどの老化を早めます。

■輸入小麦は遺伝子組み換え食材
小麦は、国内で消費されるほとんどが輸入です。
そしてその輸入小麦は大量の科学肥料と農薬を使わないと育つことができない、生産性を重視し病気や日照りに強い「異種交配」や「遺伝子組み換え」が繰り返されて改良されてきた食品なのです。
昔の小麦はグルテンの含有量が少なく、新種改良によってグルテンの量が増えてきました。

■結論
アメリカでは、小麦をやめてお米を食べる人が増えてきています。
また、グルテンフリーの商品も多く販売されるようになってきてます。

国内でも毎日グルテンを含まない食事を摂ることは難しいので、グルテンを除去するタンパク質分解酵素を含んだ食品と一緒に食事するように心がけることでかなりの対策になると思います。

◇果物
・パパイヤ(パパイン)
・パイナップル(ブロメライン)
・ショウガプロテアーゼ(ショウガ)
・フィシン(イチジク)
・アクチニジン(キウイ)

◇フルーツ以外
・マイタケ
・麹
・納豆菌

 - 健康 , , , , , , , , ,

  関連記事

人食いバクテリアの原因と対策!!

人食いバクテリアに感染して死ぬ人が増えています。 今年は8月の時点で昨年の記録だ …

腸内フローラ:たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

腸内フローラを「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」「NHKス …

歯周病が一生懸命歯磨きしても進行する理由!!

歯周病は、本人が自覚していない人を含めて日本人の約8割がかかっているといわれてい …

キレやすい人が増えたのはコンビニエンスのサンドイッチが原因?!

近年、外国人のように突然大声を上げたり暴れたりする人が増えたと感じるのは私だけで …

薬の知識Ⅰ:薬の使い方

1はじめに 薬は病期の症状をやわらげたり、怪我を治したりしますが、ときには副作用 …

コレステロールは悪者ではなく必須です!!

コレステロールは、これまで体に良くないと悪者扱いをされてきましたが、実はそうでは …

今年はノロウイルス 新型が大流行の兆候!!

ノロウイルスが大きく流行したのは9年前の平成18年ですが、その時のウイルスはGⅡ …

薬の知識Ⅲ:ジェネリック医薬品

14ジェネリック医薬品 「ジェネリック医薬品」って最近よく耳にしますが、「なぜ安 …

夏バテの症状、原因、予防、対策を調べてみました。

今年の夏は猛暑日が続いています。 夏の終盤の夏バテが心配です。 夏バテの症状、原 …

やばい!マーガリンは健康に悪すぎ!

欧米ではトランス脂肪酸の根絶が進められているのに日本ではトランス脂肪酸が多く含ま …