トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

花粉症対策の食事5種類!

今年も花粉飛散数が増加する花粉症の時期がやってきました。
今までの寒い時期が終わり、これからポカポカと温かい春がやってきて新緑、小鳥のさえずりなど素晴らしい環境を迎えるのですが、全然素晴らしくないのが花粉症ですね。
春だからしかたがないと諦める前にこのサイトでは医師がすすめる花粉症アレルギーを防ぐ食品を紹介します。


◆ヨーグルト
ヨーグルトにはプロバイオティクスというアレルギー症状や炎症を抑える成分が含まれています。
また、無糖のプレーンヨーグルトは善玉菌を多く含んでいるので、腸内バランスも良くなりアレルギー体質の原因ともなる毒素を体外に排出する効果もあります。

◆野菜・果物(ビタミンCを多く含む)
アレルギーのもとになる物質は”ヒスタミン”です。
”ヒスタミン”が痒みや炎症などを発生させます。
ビタミンCは、このヒスタミンを抑制する効果があるので、ビタミンCが多く含まれる野菜を摂るようにします。
ビタミンCが多く含まれるものには、りんごやイチゴを含むベリー類やスイカなどです。

◆アーモンド
アーモンドにはマグネシウムが多く含まれていますが、マグネシウムも”ヒスタミン”を抑える効果があります。
マグネシウムは気管支の筋肉もリラックスさせるので炎症を防ぐ役割も果たします。
アーモンドは、ビタミンEや食物繊維、ミネラル、不飽和脂肪酸などの栄養素も含んでいるので、ダイエット、アンチエイジング、美肌にも影響を与えます。

◆ケルセチン
ケルセチンとは、マスト細胞から放出される”ヒスタミン”を抑制する“バイオフラボノイド”を持つ最も強力な物質です。
ケルセチンを多く含む物質には、玉ねぎ、リンゴ、ケール、赤ワイン、お茶などがあります。

◆魚類
魚の中でも鮭、イワシ、鯖などはアレルギー症状を抑えるオメガ3脂肪酸を含んでいます。

これらの食品は効果的ではありますが、一度食べれば速攻で効果があるかというとそうではありません。
紹介したこれらの食品を毎日摂取することで、アレルギーに強い身体づくりが進んでいきます。

逆に鯖など、それ以外でもその食品自体にアレルギーを持っている場合は決して食べないでくださいね。

>>飲んでスッキリ爽快♪『薩摩なた豆 爽風茶』

 - 花粉症 , ,

  関連記事

花粉症をやわらげるミカンの皮とヨーグルト!

日本農芸化学会で愛媛大の菅原卓也教授(食品機能学)らがミカンの皮とヨーグルトを同 …

花粉症になったら食べてはいけない食物!

食べてはいけないといっても100%、その食品を食べないというのは不可能だと思いま …

花粉症の薬「アレグラ」

花粉症の薬は多く販売されていますが、最も副作用がすくなく購入者も多いのが「アレグ …

アレグラと食物:花粉症対策

花粉症になって病院にいくと、ほとんどの病院がアレグラとナゾネックスという点鼻薬を …