トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

コレステロールは悪者ではなく必須です!!

コレステロールは、これまで体に良くないと悪者扱いをされてきましたが、実はそうではなく逆に体に必要なことが判明してきました。


もともと医学用語で悪玉コレステロール、善玉コレステロールという呼び名もないのですが、この呼び名が定着してきたのは、どうやらNHKの造語が発端のようです。

コレステロールは、日本の食生活がだんだんと洋風になり、動物性の油を摂る習慣が増え、注意が必要だということで1960年ごろから盛んに言われるようになりました。

それで食生活は脂身が多い豚肉、牛肉はさけ鶏肉を食べるように推奨されたり、卵は1日に1個までで、それ以上はコレステロールが増えるからダメと言われたものです。

それまでコレステロールは血管の中に血栓を作ると言われてきましたが、1990年ごろから実はコレステロールは損傷した血管を修復することがわかり、この頃から善玉、悪玉と使い分けられるようになったようです。

しかし、悪玉コレステロールを増やさないために食事制限は必要だと、ずっと言われ続けてきましたが、21世紀に入ると食事をいくら制限しても食事の種類をかえても体内のコレステロールには変化がないことがわかりました。

コレステロールの7~8割は人間の体内で作られ、食事での摂取量が少なければ体内で作られ、摂取量が多ければ体内で作られる量が減らされるのです。

また、体内のコレステロールが減るとがんや認知症になる可能性も出てくることが解明されコレステロールは悪から必須に変わってきたのです。

厚生労働省もこれまでコレステロールの摂取量の上限を定めていましたが、2015年の4月に目標数値を撤廃しています。

そして2015年5月には、今までメタボの検診でコレステロールが一定の数値を超えると健康保険組合からペナルティがつく罰則もありましたが、これも撤廃されました。

つまりは、コレステロールが少ないと、がんや認知症になる可能性があるので減らすのではなく、チャント摂取してくださいよ。ということなのです。

しかし、このアナウンスは今のところ、ほとんど聞かれません。
これはどうしてでしょうか?

1つは、業者が危険を煽ることで今まで売ってきた商品が売れなくなるからと勝手に推測します。
例えばサプリメントなどは典型的ですね。
また食品大手の日清オイリオのキャノラー油は「コレステロールゼロ」を標榜して今まで販売してきました。

キューピーマヨネーズもしかりです。
今でも「ゼロノンコレステロールマヨネーズ」が売られています。

これらが全てではないかもしれませんが、少なくともコレステロールに対する正しい情報をもっと周知してほしいと思います。
いたずらに健康不安を煽って商品を買わせる「オレオレ詐欺」的なことは止めてほしいものです。

 - 健康

  関連記事

グルテンは身体によくない?!

『「いつものパン」があなたを殺す』というような恐ろしいタイトルの書籍が販売されて …

人食いバクテリアの原因と対策!!

人食いバクテリアに感染して死ぬ人が増えています。 今年は8月の時点で昨年の記録だ …

薬の知識Ⅰ:薬の使い方

1はじめに 薬は病期の症状をやわらげたり、怪我を治したりしますが、ときには副作用 …

夏バテの症状、原因、予防、対策を調べてみました。

今年の夏は猛暑日が続いています。 夏の終盤の夏バテが心配です。 夏バテの症状、原 …

やばい!マーガリンは健康に悪すぎ!

欧米ではトランス脂肪酸の根絶が進められているのに日本ではトランス脂肪酸が多く含ま …

薬の知識Ⅲ:ジェネリック医薬品

14ジェネリック医薬品 「ジェネリック医薬品」って最近よく耳にしますが、「なぜ安 …

腸内フローラ:たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

腸内フローラを「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」「NHKス …

今年はノロウイルス 新型が大流行の兆候!!

ノロウイルスが大きく流行したのは9年前の平成18年ですが、その時のウイルスはGⅡ …

キレやすい人が増えたのはコンビニエンスのサンドイッチが原因?!

近年、外国人のように突然大声を上げたり暴れたりする人が増えたと感じるのは私だけで …

薬の知識Ⅱ:薬の保管方法

8薬の保管方法 薬は湿度や光、温度などによって変質したり、効果が弱くなることがあ …