トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

カーネーションの色で贈ってはいけないのは何色?

もうすぐそこに母の日が近づいてきました。
母の日といえば、やっぱりカーネーションが定番ですね。
カーネーションと○○というように、食事をプレゼントするにしても、旅行をプレゼントするにしても、グルメ食品をプレゼントするにしても必ずといっていいほど、カーネーションは添えられています。


ところでカーネーションで贈ってはいけない色があるのを知っていますか?
そのことをお話する前にまず母の日ができた由来と母の日になぜカーネーションを贈るようになったのかをお話します。

母の日はアメリカが発祥で、古くなりますがアメリカの南北戦争の時に、南北の兵士を区別せずに負傷した兵士を処置していたアン・ジャービスという女性がいました。
そのアン・ジャービスさんが亡くなり追悼式に娘のアンナさんが母親にアンさんが好きだった白のカーネーションを贈ったことが始まりです。

しかし、母の日に感謝の気持ちを表すのに母親を亡くしている人とは限りません。
それでアンナさんの提案で母親を亡くした人は白色、存命している人は赤のカーネーションを贈るということになったのです。

日本でもアメリカと同じように赤色と白色のカーネーションを分けて贈っていたのですが、お母さんを亡くした小さな子供の心を傷つけるということで1960年には赤に統一されたのです。

しかし、最近では赤だけけでなくカラフルなカーネーションを贈る人も増えています。
白色カーネーションは赤色のなかに合わせると、とても映えるので購入する人もいるようですが、うっかり購入の人がほとんどのようです。

白色カーネーションはこんな意味が含まれているので、生存している母親に贈る時には白色カーネーションはやめておいた方が良いと思います。
また、白色カーネーションと同じようにネガティブな意味をもつカーネーションの色がもう2つあります。

濃赤と黄色です。
濃赤は「私の心に悲しみ」という意味を持ち、
黄色は「軽蔑」の意味を持ちます。

以上に紹介した3つの色は母の日に贈らないようにしたほうが無難です。

★まだ間に合う!母の日カーネーション特集(楽天市場)★

★母の日に喜ばれるプレゼント★

 - 母の日 , ,

  関連記事

母の日ギフト人気プレゼント特集2015【楽天市場】

母の日に贈るギフト人気プレゼントは、色々な情報が溢れていますので、どれを信用した …