トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

歯周病が一生懸命歯磨きしても進行する理由!!

歯周病は、本人が自覚していない人を含めて日本人の約8割がかかっているといわれています。
それだけの人が歯周病にかかっているには理由があります。
それは、毎日、一生懸命歯磨きをしているつもりなのですが、実は磨けていないのです。


歯周病の原因は歯垢(プラーク)の細菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こし、顎の骨を溶かしていく病気です。
歯垢(プラーク)自体は内部が石灰化して歯周病菌は活動できないのですが、歯石の表面は凸凹していて、そこに歯周病菌が付着するのです。

歯周病の予防には歯垢の除去が一番です。
しかし、歯磨きを一生懸命しているにもかかわらず歯周病が進行してしまう人がいるのが現実です。

歯石の中でもっとも厄介なのが歯の周囲の歯茎の奥に隠れている「縁下歯石(えんかしせき)」と呼ばれるものです。
これは歯ブラシで除去することはできません。
また「縁下歯石」は常に周囲が歯茎に触れているために歯茎の重症化が起きやすいです。

さらに厄介なことは目で確認することができないので発見が遅れることです。
この隠れた歯石は自分では取り除くことができないので歯医者で機械的に取り除いてもらうしか方法はありません。

少しでも、心あたりがある人は一度、歯科医院を訪れて診察してもらうことをお薦めします。
一度、隠れ歯石をとりのぞけば、その後はしっかりと歯磨きをすることで叱責の付着を防ぐことができます。

■歯ブラシの確認方法
歯並びが悪かったりすると、歯ブラシの毛先が歯と歯の隙間に入ることができないので歯垢がそのまま残ることもあります。

そんな時には鏡で歯と歯茎の境目付近に白いプラークが残っていないか確認しましょう。
白いプラークが見えたら、かなりの磨き残しがあるということです。

*歯磨きに自信がない人は定期検診がお薦めです。

■歯ぎしり
よる、就寝時の歯ぎしりは歯にかなりの負担を強いています。

歯ぎしりによって、自然に歯が削れたり欠けたりすることもあります。
歯周病や虫歯を悪化させるリスクがある歯ぎしりですが、歯医者でマウスを作ってもらい夜、就寝時にマウスを嵌めて眠ることで歯ぎしりのリスクは大幅に軽減ができます。

歯周病は気がついた時には、思っているよりも症状が進行しているケースが大半です。
歯茎の出血、腫れ、口臭など、これらの症状が少しでも表れたら、まず歯科医院で検診してもらいましょう。

 - 健康 , , ,

  関連記事

薬の知識Ⅰ:薬の使い方

1はじめに 薬は病期の症状をやわらげたり、怪我を治したりしますが、ときには副作用 …

腸内フローラ:たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

腸内フローラを「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」「NHKス …

薬の知識Ⅱ:薬の保管方法

8薬の保管方法 薬は湿度や光、温度などによって変質したり、効果が弱くなることがあ …

今年はノロウイルス 新型が大流行の兆候!!

ノロウイルスが大きく流行したのは9年前の平成18年ですが、その時のウイルスはGⅡ …

やばい!マーガリンは健康に悪すぎ!

欧米ではトランス脂肪酸の根絶が進められているのに日本ではトランス脂肪酸が多く含ま …

夏バテの症状、原因、予防、対策を調べてみました。

今年の夏は猛暑日が続いています。 夏の終盤の夏バテが心配です。 夏バテの症状、原 …

キレやすい人が増えたのはコンビニエンスのサンドイッチが原因?!

近年、外国人のように突然大声を上げたり暴れたりする人が増えたと感じるのは私だけで …

人食いバクテリアの原因と対策!!

人食いバクテリアに感染して死ぬ人が増えています。 今年は8月の時点で昨年の記録だ …

コレステロールは悪者ではなく必須です!!

コレステロールは、これまで体に良くないと悪者扱いをされてきましたが、実はそうでは …

薬の知識Ⅲ:ジェネリック医薬品

14ジェネリック医薬品 「ジェネリック医薬品」って最近よく耳にしますが、「なぜ安 …