トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

エルニーニョとエルニーニョ現象は違う!

今年は過去65年間で最強のエルニーニョ現象が起こる可能性があります。
ところでエルニーニョとエルニーニョ現象は全然別の意味なんです。
知ってました?

エルニーニョとは、スペイン語で男の子という意味があります。
また、毎年12月に南米のエクアドルとペルーの間のグアヤキル湾やその近海で海水温度が上昇することから、クリスマスに近いということもあって、スペインではイエス・キリストを意味するエルニーニョとも呼ばれています。
なので厳密にいうとエルニーニョとエルニーニョ現象は全然別の事を意味して

■エルニーニョ現象とは?


日付変更線近くの太平洋赤道域付近からペルー沿岸にかけての広い海域で海水温が平年に比べて高く、その状態が1年以上続く状態をいいます。

◇平常時の状態
貿易風が太平洋の熱帯域では東から西に吹いているので、海面付近の暖かい海水が太平洋の西側に吹き寄せられています。
それと地球の自転の働きで東部の南米沖では冷たい海水が海面近くに湧き上がり、西部のインドネシア近海では海面下数百メートルまで暖かい海水が蓄積します。

海水温が高い西部では海水からの蒸発が活発で上空では積乱雲が常に発生しています。

◇エルニーニョ現象の状態
東からの貿易風が弱く、そのため西部の暖かい海水が東に広がるとともに、東部では冷たい海水の湧き上がりが弱まります。
そのため海面水温が東部では平常時よりも高くなり、積乱雲が盛んに発生する海域が東に移動します。

■エルニーニョ現象の影響

エルニーニョ現象が起きると世界各地に異常気象や気温の変化を与えます。
アメリカの気候学者は、「このまま続けば洪水や土砂崩れ、騒乱などが起こる可能性がある。」と語っています。
◇日本の影響
夏は冷夏で雨が多く、日照時間が少なくなります。
冬は暖冬になると言われていますが、冷え込みが厳しくなる時もある不安定な気候で大雪に襲われる可能性もあります。

◇台風への影響
・夏に発生する台風は中心気圧が低く大型化しやすい
日本列島を直撃したら被害が大きくなる可能性があります。

・秋に発生する台風は寿命が長い。
越境台風とも呼ばれ太平洋東海域で発生したハリケーンが日付変更線を超えて台風となり日本に接近する機会が増えます。

・台風が発生する位置が例年よりずれます

夏から秋にかけては台風の発生が少なくなると言われていますが2015年の今年は、どうやらその説は当てはまらないようです。

■エルニーニョ現象が起こる原因

残念ながらエルニーニョ現象はまだ数が少なく詳しく調査されていないために、どうして発生するのか、いまだに原因は解明されていません。
近年、よく耳にする地球温暖化が関わっているのではないか?とも言われています。

 - 気象情報

  関連記事

台風の暴風雨域が、よくわかる気象庁サイトの見方!

今年の台風は雨だけでなく暴風雨がすごいです。 台風15号では石垣島で最大瞬間風速 …

今日の台風情報をお知らせします。

今日の台風情報をお知らせします。 といっても、台風情報は刻一刻、刻一刻と変化しま …

天気予報:今日・明日・今週・今月

今日の天気予報、明日の天気予報、今週の天気予報、今月の天気予報、など色々なサイト …

ハワイの天気を紹介します

多くの日本人がハワイに訪れていますが、出発前に天候をチェックして持っていく洋服と …