トレンドならおまかせ!

新鮮なトレンド情報を寄りすぐって提供します!

*

台風の暴風雨域が、よくわかる気象庁サイトの見方!

今年の台風は雨だけでなく暴風雨がすごいです。
台風15号では石垣島で最大瞬間風速71.0m/sという記録的暴風雨を記録しました。


雨も心配ですが風も心配です。
台風の進み具合で、あなたの地域がいつ暴風雨域に入って、どのくらい強い風が吹くのか気象庁の台風サイトから調べることができます。

■台風の暴風雨域を調べる
◇気象庁の台風情報公式サイト
http://www.jma.go.jp/jp/typh/
1_R
①台風が2つ以上発生している時は、左上の「台風選択」から台風を選びます。
②上段にある「情報選択」から「台風の暴風雨域にはいる確率(分布表示)を選びます。
③時間帯を選択する
すると図のように視覚的にいつ、どの地域が暴風雨域にはいるのかがよくわかるので行動計画が立てやすいです。

■気象警報・注意報
◇全国の気象警報・注意報がわかります。
気象庁 気象警報・注意報公式サイト
http://www.jma.go.jp/jp/warn/
現在、どの地域でどんな警報・注意報が出されているのかが市・町 単位でわかります。

◇警報の種類
・大雨(土砂災害、浸水害) ・洪水 ・暴風 ・暴風雪 ・大雪 ・波浪 ・高浪 ・高潮
◇注意報の種類
・大雨 ・洪水 ・強風 ・風雪 ・大雪 ・波浪 ・高浪 ・雷 ・融雪 ・濃霧 ・乾燥 ・なだれ ・低温 ・霜 ・着氷 ・着雪


■暴風雨対策
◇在宅時
・冠水を防ぐために土嚢、止水板を準備する
・玄関、扉や窓はしっかり閉める
・停電の危険性があるのでエレベーターは使用しない
・落雷による事故を防ぐために電源プラグ、電話線は外しておく

◇外出時
できるだけ早く堅固な建物内に避難する(安全が確認できるまで外にでない)
・家族に居場所を連絡する
・道路が浸水したらマンホールや側溝がわからなくなるので注意しながら通行する
・落雷による感電防止のために雨傘や携帯電話の使用は控える
・落雷による予防策として金属製のものに触らない、電線のある場所は避ける

◇運転時
スピードをゆるめ車間距離をしっかり取る
・通行人に注意(傘をさしたりレインコートを着ているので視界が遮られ車に気がつかない)
・道路が冠水したらマフラーから水が入る場所はさけ迂回する
・冠水した道路を通行する時にはマフラーから水がはいらないようにエンジンをふかしながらローギアでゆっくり走行する。
間違ってもブレーキは踏まない。
・冠水した道路で車が止まった場合は修理工場に連絡をする。
再始動は絶対にしない。(マフラーから水が入った状態で再始動するとエンジンが壊れる可能性があります
・駐車する時には地下ではなく高台に駐車する
・駐車する時には、周囲に倒れやすい樹木や建造物が無い場所に駐車する。

 - 気象情報 , , ,

  関連記事

今日の台風情報をお知らせします。

今日の台風情報をお知らせします。 といっても、台風情報は刻一刻、刻一刻と変化しま …

天気予報:今日・明日・今週・今月

今日の天気予報、明日の天気予報、今週の天気予報、今月の天気予報、など色々なサイト …

ハワイの天気を紹介します

多くの日本人がハワイに訪れていますが、出発前に天候をチェックして持っていく洋服と …

エルニーニョとエルニーニョ現象は違う!

今年は過去65年間で最強のエルニーニョ現象が起こる可能性があります。 ところでエ …